エージェントとして伝えたい求人の事前スクリーニング

Jun 30, 2020, posted in キャリアあれこれ
この投稿を読んでいる人は海外、そしてベトナムでの仕事に興味を持っている方かと思います。一口にベトナムでのキャリアと言っても働く会社の規模やポジションによって見える世界が大きく違います。そもそも現地採用者を採用するきっかけについても様々です。ここでは「こんなはずじゃなかった」「時間を無駄にしてしまった」とならないよう、タイプに分けて希望と合致しているか事前スクリーニングの参考にして頂ければと思います。

取り組んでみればどんな仕事でも奥深さがありますし、社会に役に立ってないということはそうそうないはずです。乱暴な議論をすればキャリアステップをそこまで気にしないのであればまずは一定期間夢中になって取り組んでみることをお勧めします。

そうは言ってももし数年後の自分はこうなっていたい、ベトナムで長く働きたいのでキャリアステップは重要だ、とこだわりも勿論あると思います。そのあたりが明確であれば下記を参考にどのタイプが自分に合っているのかをイメージすると良いと思います。

企業タイ

ポジションの特徴

企業タイプ

難点

大企業

Manager以下ポジションが多い

福利厚生が充実しているケースが多い

待遇条件が硬直的

日本人同僚(上司)が多い

本社出向社員との待遇差

日本帰国時に本社採用の可能性有

本社主導

中小企業

ジュニアから責任者まで幅広い

日本に海外向き人材が少なく重宝される

福利厚生が未整備なことがある

裁量権が大きいことがある

教育体制が充実していない

キャリアステップが柔軟

本社オーナーと直接のやり取りが発生する

スタートアップ

責任者募集が多い

会社の成長に大きく貢献できる

責任と待遇の乖離がある

意思決定者が傍にいる為物事がスピーディ

将来、外部環境に不確定要素が多い

経営サイドに立った経験ができる

 

 

更に付け加えると日本人を採用する場合、末端のオペレーターや現場営業スタッフとしての登用というより程度の差はありますがベトナム人スタッフの管理を担うことが多いです。そこでベトナム人スタッフが生き生きと能動的に働いているか、それとも給与泥棒の如く指示待ちか更に悪いことには指示に全く従おうとしない、というケースに当たることもあります。その場合板挟みとなり、最後にはストレスに耐えかねて辞職→帰国ということにもなりかねません。ここは事前に見極めることは難しいのですが、意思決定者の傾聴力、国際的視野に左右されることは多いです。

我々は一人一人のコンサルタントがベトナムで働くことを希望する皆さんのベトナムでのキャリア成功を望んでいます。中々パッと見の文章やデータでは見え辛い生々しい部分もお伝えしつつ最適解を出せるよう努めています。是非お気軽にご連絡下さい。



ベトナム現地採用で働く日本人の声

ベトナム現地採用で働く日本人の声

〜 ベトナムで活躍する日本人へのインタビュー 〜

Food Delivery

Food Delivery

4月1日から始まった事実上のベトナム国内ロックダウン。15日間の期間で絶賛実施中です。外出の自粛要請も日本以上に厳しい中、街中を元気に動き回っているのがFood Deliveryのバイク達。コロナショックで逆に業界的に盛り上がりを見せており、各社宅配区域の拡充、お店の選択肢を増やす、プロモーション機能の充実化などでベトナム人ユーザーの心を掴んでいます。勿論ベトナムで働く我々日本人も日頃お世話になっています。

ベトナムはハノイからニュースをお届けします。

ベトナムはハノイからニュースをお届けします。

四季のあるハノイでは、本格的な夏を迎えています。
今年のハノイは例年と比べても、とにかく暑い!

Binh Duong省のDong An 2工業団地、Nam Tan Uyen工業団地を訪問

Binh Duong省のDong An 2工業団地、Nam Tan Uyen工業団地を訪問

ベトナムはコロナ自粛ムードも収まりを見せ、以前同様の経済活動がほぼほぼ出来るようになってきています。そんな中日系企業も採用活動を再開し始めているということで今日は日系製造業が集まるBinh Duong省へ。

緑に囲まれたローカルカフェ

緑に囲まれたローカルカフェ

ここ最近、Binh Duong方面へ足を運ぶ機会が多いのですが、
その際に立ち寄った、緑に囲まれたローカルカフェをご紹介します!

これぞローカル飯!!!

これぞローカル飯!!!

これぞローカル飯!!!