ミドル・シニア層 ~ベトナム転職~

Dec 23, 2020, posted in キャリアあれこれ

ミドル層・シニア層の活躍の舞台はベトナムにも数多く見受けられます。
特に現地を代表するポジションは、やりがいもありますし待遇面も期待できるためおすすめです。こういったポジションの選考では海外でのマネジメント経験が高く評価されます。
専門性を磨きながらも、経営管理、人材育成といった点にも積極的に介入し経験を積んでおくと良いですね。工場長や拠点長などは、頻繁に募集されるポジションではありませんので、
日頃からアンテナを張っておくとお声が掛かりやすいです。


①選考のポイント

スピード感をもって企業の成長に貢献してくれそうかを、20代・30代の候補者と比べ、より厳しく見極められます。

少なくとも若手の3倍の生産性は期待されていることを認識し、選考に臨みましょう。

培った経験・スキルを活かしてどのような貢献ができるのか、書類や面接でしっかりと説明することを心掛けていただけたらと思います。

加えて、柔軟な考え方ができるか、他者の意見を受けいれる度量があるか、健康的な生活を意識しているか、若々しさが感じられるか、といった点もポイントになりますので、面接時などに意識すると良いです。

 

②入社をしたら

先にも記載しましたが、スピード感は非常に大切です。

決断・実行・評価などを、これまでの経験を活かして、テンポ良く進めていきましょう。

この際、会社が目指す方向性とご自身の考えをしっかりと擦り合わせておくことも大切ですね。

また、シニア層・ミドル層に限ったことではありませんが、社内に良い空気をもたらしてくれることを企業は期待しています。

周りの方と良好な関係を築きながら、社会から真に求められる企業へと導くことができれば、会社や社会から高く評価されるはずです。



 

国際便の往来再開に向けてベトナムがリード


現在も世界中で感染拡大の一途が止まらない新型コロナウィルス、その中でも拡大防止に国を挙げて取り組み世界の中でも明るい兆しを見せ始めているのがベトナムです。9月19日には半年近く運休を続けていたベトナム航空が遂にハノイー成田間の便で運航再開の狼煙を上げました。この運航再開に先駆けてベトナムのミン副首相がベトナムを含む6か国間での国際便の往来を検討し始めているニュースも発表され、世界に向けていち早くベトナムが正常化に向けてリードをしていることをアピールしました。

ハイフォン担当のご紹介

ハイフォン担当のご紹介

ハイフォン担当のご紹介

リスコーヒー初体験!

リスコーヒー初体験!

リスコーヒー初体験!

ベトナムでのインターンの生活も今週から折り返し

ベトナムでのインターンの生活も今週から折り返し

こんにちは。
ハノイでインターンをしている大学2年生のNANAです。

ベトナムの定番料理ブンチャー

ベトナムの定番料理ブンチャー

ベトナムの定番料理ブンチャー

ベトナムで働く場合の心構え

ベトナムで働く場合の心構え

唐突ですが質問があります。
「なぜ海外(=ベトナム)で働きたいのでしょうか?」
これは採用企業からの質問でもよく聞かれます。ここでは面接で合格点を出す為のお話をしたいわけではありませんのでもう少し本質的な議論をしてみたいと思います。