ベトナムにメトロ開通!~ハノイの新たな移動手段~

Jul 18, 2022, posted in ベトナム生活お助け情報
ベトナムにメトロ開通!~ハノイの新たな移動手段~

こんにちは、ハノイオフィスのHiroです。

さかのぼること半年前、2021年11月にハノイ市都市鉄道が開通しました。

ベトナム初の都市鉄道で、開通した路線は「ハノイメトロ2A号線」と呼ばれております。
先日、こちらのメトロに初乗車してきました。本日は、メトロの乗り方から実際の乗り心地までお伝えします。

<切符購入・運賃について>
切符はどうやって買うのか、そもそもいくらなのだろう等々疑問はありましたが、実際に駅に行って券売機を操作してみると、簡単にチケットを購入することができました。


【切符購入手順】
★券売機の画面右下に「English」があるのでタッチすると英語表記に変更可

R-Vietnam.com

①行先の駅名をタッチし、複数名分購入の場合は人数を変更後、画面下部に出てくる「Confirm」をタッチ
②料金を確認し、右側の紙幣投入口で支払いをする。投入した金額、購入内容が表示されるので、確認し再度画面の「Confirm」をタッチ

R-Vietnam.com

③ICカード、おつりを受け取る

 ↓ 改札でICカードをタッチし、駅のホームに向かいます。

R-Vietnam.com

【運賃について】
現在運行中の「カットリン駅~イエンギア駅」を始点~終点で乗車しても運賃は、15,000VND(75円ほど)です。その間13キロメートル、25分で移動することができます。
ハノイのメジャーな移動手段グラブでこの距離を移動しようとすると、110,000~120,000VND(550~600円ほど)かかるため、メトロを使えば、安価に、そして渋滞に巻き込まれる心配なく移動することができます。

<メトロ運行時間>
毎日、5時半~22時半まで運行されており、ラッシュ時は6分間隔、通常時は10分間隔での運行となります。

<実際に乗ってみた!>
休日にハドン区で用事があり、時間もあったのでフンコアン駅からカットリン駅までの区間で初メトロ乗車にトライしてみました。
駅を発見。

R-Vietnam.com

どきどきしながら構内へのエスカレーターを上ります。

R-Vietnam.com

上記の手順で簡単にICカードも購入でき、スムーズに改札を通れました。
運賃も安い。11,000VND(55円ほど)でした。
ホームの椅子で5分ほど待っていたら電車が来ました!

R-Vietnam.com

電車内の様子です。

R-Vietnam.com

電車に揺れること15分ほどで終点カットリン駅に到着。改札を出る際は、投入口へチケットを通します。

R-Vietnam.com

土曜の14時頃乗車しましたが、車内の座席はどの車両もほぼ人が座っていました。そして、駅構内車内とも、とても清潔です。ご家族で乗られている方や、高校生らしき若者が友達と乗っていたり、皆さん車窓を眺めて楽しそうにしていました。移動手段というよりは、まだまだアトラクション要素が強いのかもしれません。

<今後に期待>
現在、開通している2A号線の他にも、あと7路線の市内開通が計画されております。
全ての路線が開通すると、市内をほぼメトロで移動できることとなります。
これが実現すれば、現在の主要移動手段であるバイクの減少が予想され、それにより大気汚染や渋滞が緩和されることが期待できます。ノイバイ空港と市内中心部を結ぶ路線も計画されているそうで、ぜひ実現してほしいです!

ご相談はこちらから 

他の記事を見る


ハノイのローカル市場

ハノイのローカル市場


こんにちは、ハノイオフィスのHiroです。

海外生活、食材はどこで手に入れるの?と疑問に思うことがあると思います。私自身も渡航前はお味噌やお醤油は手に入るのか?日本酒は?などなど気になっていましたが、日系スーパーがハノイ市内にはあり、とくに困ることなく買い物ができています。


Hiroおすすめ!ベトナムのローカルフード

Hiroおすすめ!ベトナムのローカルフード


こんにちは、ハノイオフィスのHiroです。



本日は、ベトナムのローカルフードについてご紹介します。


北部・南部の特徴

北部・南部の特徴

〜 ベトナムの地域ごとの違い 〜



ベトナムの地域ごとの違いを皆さんはご存知ですか?

同じベトナムとも言えど北部と南部では言葉や習慣、人々の性格など様々な点において異なる部分があります。それではどのような点が違うのか具体的にご紹介したいと思います。


ベトナムの入国規制緩和について(2022年1月)

ベトナムの入国規制緩和について(2022年1月)


新型コロナウイルス感染症の影響により、海外での就職は難しいと思っていませんか。

R VIETNAM スタッフブログ

ベトナムにメトロ開通!~ハノイの新たな移動手段~

Jul 18, 2022, posted in ベトナム生活お助け情報
ベトナムにメトロ開通!~ハノイの新たな移動手段~

こんにちは、ハノイオフィスのHiroです。

さかのぼること半年前、2021年11月にハノイ市都市鉄道が開通しました。

ベトナム初の都市鉄道で、開通した路線は「ハノイメトロ2A号線」と呼ばれております。
先日、こちらのメトロに初乗車してきました。本日は、メトロの乗り方から実際の乗り心地までお伝えします。

<切符購入・運賃について>
切符はどうやって買うのか、そもそもいくらなのだろう等々疑問はありましたが、実際に駅に行って券売機を操作してみると、簡単にチケットを購入することができました。


【切符購入手順】
★券売機の画面右下に「English」があるのでタッチすると英語表記に変更可

R-Vietnam.com

①行先の駅名をタッチし、複数名分購入の場合は人数を変更後、画面下部に出てくる「Confirm」をタッチ
②料金を確認し、右側の紙幣投入口で支払いをする。投入した金額、購入内容が表示されるので、確認し再度画面の「Confirm」をタッチ

R-Vietnam.com

③ICカード、おつりを受け取る

 ↓ 改札でICカードをタッチし、駅のホームに向かいます。

R-Vietnam.com

【運賃について】
現在運行中の「カットリン駅~イエンギア駅」を始点~終点で乗車しても運賃は、15,000VND(75円ほど)です。その間13キロメートル、25分で移動することができます。
ハノイのメジャーな移動手段グラブでこの距離を移動しようとすると、110,000~120,000VND(550~600円ほど)かかるため、メトロを使えば、安価に、そして渋滞に巻き込まれる心配なく移動することができます。

<メトロ運行時間>
毎日、5時半~22時半まで運行されており、ラッシュ時は6分間隔、通常時は10分間隔での運行となります。

<実際に乗ってみた!>
休日にハドン区で用事があり、時間もあったのでフンコアン駅からカットリン駅までの区間で初メトロ乗車にトライしてみました。
駅を発見。

R-Vietnam.com

どきどきしながら構内へのエスカレーターを上ります。

R-Vietnam.com

上記の手順で簡単にICカードも購入でき、スムーズに改札を通れました。
運賃も安い。11,000VND(55円ほど)でした。
ホームの椅子で5分ほど待っていたら電車が来ました!

R-Vietnam.com

電車内の様子です。

R-Vietnam.com

電車に揺れること15分ほどで終点カットリン駅に到着。改札を出る際は、投入口へチケットを通します。

R-Vietnam.com

土曜の14時頃乗車しましたが、車内の座席はどの車両もほぼ人が座っていました。そして、駅構内車内とも、とても清潔です。ご家族で乗られている方や、高校生らしき若者が友達と乗っていたり、皆さん車窓を眺めて楽しそうにしていました。移動手段というよりは、まだまだアトラクション要素が強いのかもしれません。

<今後に期待>
現在、開通している2A号線の他にも、あと7路線の市内開通が計画されております。
全ての路線が開通すると、市内をほぼメトロで移動できることとなります。
これが実現すれば、現在の主要移動手段であるバイクの減少が予想され、それにより大気汚染や渋滞が緩和されることが期待できます。ノイバイ空港と市内中心部を結ぶ路線も計画されているそうで、ぜひ実現してほしいです!

ご相談はこちらから 

他の記事を見る


ハノイのローカル市場

ハノイのローカル市場


こんにちは、ハノイオフィスのHiroです。

海外生活、食材はどこで手に入れるの?と疑問に思うことがあると思います。私自身も渡航前はお味噌やお醤油は手に入るのか?日本酒は?などなど気になっていましたが、日系スーパーがハノイ市内にはあり、とくに困ることなく買い物ができています。


Hiroおすすめ!ベトナムのローカルフード

Hiroおすすめ!ベトナムのローカルフード


こんにちは、ハノイオフィスのHiroです。



本日は、ベトナムのローカルフードについてご紹介します。


北部・南部の特徴

北部・南部の特徴

〜 ベトナムの地域ごとの違い 〜



ベトナムの地域ごとの違いを皆さんはご存知ですか?

同じベトナムとも言えど北部と南部では言葉や習慣、人々の性格など様々な点において異なる部分があります。それではどのような点が違うのか具体的にご紹介したいと思います。


ベトナムの入国規制緩和について(2022年1月)

ベトナムの入国規制緩和について(2022年1月)


新型コロナウイルス感染症の影響により、海外での就職は難しいと思っていませんか。