就職活動期間・面接方法について

Oct 23, 2013, posted in ベトナム生活お助け情報
就職活動期間・面接方法について

〜 ベトナムでの就職活動に必要な期間と、具体的な面接方法とは 〜

 

就職活動期間

ベトナムでの就職活動では日本のものと比較すると事情が異なり、タイミングが非常に重要になってきます。

ベトナムでは比較的早い段階で人材を採用したいと考えている企業が多く、採用決定から1~2ヶ月程度で勤務開始できる方を望んでいます。そのためテンポよく進めば書類選考から面接、採用決定までの選考にかかる期間が1ヶ月程度で終わってしまうこともあり、あっという間に募集が終了になってしまうことがあります。 

またその一方で勤務開始可能時期が4ヶ月以上になると、選考自体を行ってもらえない場合があります。実際に企業へ履歴書を送るタイミングとしては転職できる2、3ヶ月前くらいが良いタイミングです。

またベトナム就職に際し「なぜベトナムなのか?」「何ができるのか?」この点を明確に伝えられるよう事前に考えを整理しておく必要があります。その期間も含めてご自身での就職活動をスタートさせるのが良いでしょう。

マッチする仕事がある場合は上手く進めば活動開始から概ね1ヶ月程度で内定、ただ中々マッチする案件がない場合には半年から1年とかかってしますケースもあります。常に案件の動向を見ていただくのが良い案件を逃さない秘訣です。

 

面接方法

日本在住の方がベトナム現地企業の面接を受ける場合、1次面接は電話またはスカイプで行われることもありますが、最終的にはベトナム現地へ赴いて面接とな ると考えた方がよいでしょう(原則、費用は本人負担)。企業によっては日本面接可のところもありますし、採用担当の方が日本の本社へ出張に来る機会があれば、日本での面接可能な場合もあります。

ただ、ベトナムへ来たことが無い候補者の場合、一度現地に足を踏み入れその空気を肌で感じた上で、本気でベトナム就職したいのかどうか確かめてもらいたいと思っている企業もあるようです。

 



ベトナムで暮らす

ベトナムで暮らす

〜 成長を続ける国、ベトナム。その暮らしぶりとは。〜

ホーチミンから5時間 ムイネー観光

ホーチミンから5時間 ムイネー観光

こんにちは!
ホーチミン市でインターンシップをしている大学生のMizukiです。
今回週末を使い一泊二日でムイネーに行ってきました。そこで、ムイネーへの行き方と観光についてご紹介します!

北部・南部の特徴

北部・南部の特徴

〜 ベトナムの地域ごとの違い 〜

週末を使って観光! メコン川クルーズ

週末を使って観光! メコン川クルーズ


こんにちは!
ホーチミン市でインターンシップをしている大学生のMizukiです。
今回は週末使ってホーチミン市の観光、メコン川クルーズに参加してきたのでその紹介をします!

ベトナムの定番料理ブンチャー

ベトナムの定番料理ブンチャー

ベトナムの定番料理ブンチャー

Binh Duong省のDong An 2工業団地、Nam Tan Uyen工業団地を訪問

Binh Duong省のDong An 2工業団地、Nam Tan Uyen工業団地を訪問

ベトナムはコロナ自粛ムードも収まりを見せ、以前同様の経済活動がほぼほぼ出来るようになってきています。そんな中日系企業も採用活動を再開し始めているということで今日は日系製造業が集まるBinh Duong省へ。