外国人が住みやすい国ランキング、ベトナムが10位に!

Aug 26, 2019, posted in キャリアあれこれ
外国人が住みやすい国ランキング、ベトナムが10位に!

外国人が住みやすい国ランキング、ベトナムが10位に!
 
世界的メガバンクの調査による”外国人が住みやすい国ランキング”が発表されました。ベトナムは香港やマレーシアを抑えて10位にランクインしています。昨年の同調査においてベトナムは19位でしたので、なんと9ランクアップしていることになります。
 
また、東南アジアでTOP10入りしている国はシンガポール(2位)とベトナム(10位)の2か国。他はヨーロッパの国々などがランクインしており、1位はスイスでした。 

同調査の評価ポイントは”キャリアアップ” ”可処分所得” ”開かれた社会”など15項目によるもので、ベトナムに対する評価が特に高かったポイントは”住み心地(6位)” ”経済の安定性(6位)” ”ワークライフバランス(6位)” ”友人のつくりやすさ(4位)”です。さらに”キャリアアップ”の項目においても、12位という位置づけでした。2015年からハノイでお仕事をしているわたくも、上記評価に大変納得をしており、事実に忠実な評価だと思います。ベトナムの国民性として”人懐こさ”があり、加えて外国人に対する歓迎ムードも相まって、疎外感や孤独を感じることがほとんどありません。経済成長は顕著である一方で、プライベートや家族を何よりも大切にするベトナム人と一緒に仕事をしていますと、仕事もプライベートも当然のように充実する生活を実現できます。
 
一方で評価が低いポイントとしては”収入(27位)”及び”教育”でした。とはいえ、収入においては日本(33位)よりもランクが上である点は少し驚きでした。新しいビジネスがスタートしたり、既存ビジネスにおいても拡張傾向にあるため、転職市場において売り手が有利な状況であることも要因のひとつかもしれません。”収入”については年々ランクアップしてくることは明白と言えます。

それではまた。
 
参考 
https://www.expatexplorer.hsbc.com/survey/countries 
https://www.expatexplorer.hsbc.com/survey/country/vietnam


移動手段としてのタクシー ~Taxiを上手に利用しよう~

移動手段としてのタクシー ~Taxiを上手に利用しよう~

こんにちは。インターン生のいそじまゆかです。
ベトナムに来てからあっという間に10日が経ちました。

私は、ホテルからインターン先まで毎日一人で移動するのですが、「ぼったくりに注意」や「英語が通じないことがある」と聞いていたので、最初は不安でソワソワしていました。そして滞在9日目にして、ようやく慣れてきました!

今回は、ベトナムのタクシーを安全に、かつ便利に利用するために、ベトナム初心者の私が学んだことを紹介します。

やっぱり日本食!

やっぱり日本食!

やっぱり日本食!

ホーチミンから5時間 ムイネー観光

ホーチミンから5時間 ムイネー観光

こんにちは!
ホーチミン市でインターンシップをしている大学生のMizukiです。
今回週末を使い一泊二日でムイネーに行ってきました。そこで、ムイネーへの行き方と観光についてご紹介します!

 

エージェントとして伝えたい求人の事前スクリーニング

この投稿を読んでいる人は海外、そしてベトナムでの仕事に興味を持っている方かと思います。一口にベトナムでのキャリアと言っても働く会社の規模やポジションによって見える世界が大きく違います。そもそも現地採用者を採用するきっかけについても様々です。ここでは「こんなはずじゃなかった」「時間を無駄にしてしまった」とならないよう、タイプに分けて希望と合致しているか事前スクリーニングの参考にして頂ければと思います。

Binh Duong省のDong An 2工業団地、Nam Tan Uyen工業団地を訪問

Binh Duong省のDong An 2工業団地、Nam Tan Uyen工業団地を訪問

ベトナムはコロナ自粛ムードも収まりを見せ、以前同様の経済活動がほぼほぼ出来るようになってきています。そんな中日系企業も採用活動を再開し始めているということで今日は日系製造業が集まるBinh Duong省へ。

ベトナムのサッカー熱

ベトナムのサッカー熱

ベトナムのサッカー熱