ハノイのオススメ ~ブンチャー~

Sep 03, 2018, posted in オフィス飯
ハノイのオススメ ~ブンチャー~

ハノイのオススメ ~ブンチャー~

こんにちは!インターン生のあか音です♪

今回は会社の方に連れて行っていただいた、これまた大定番のベトナム料理

Bún ch(ブンチャー)」をご紹介します!ベトナム料理の代名詞は以前にもご紹介したフォーだと思いますが、ブンチャーも大定番の一つなのです!!

ブンチャーとは、“ブン”と呼ばれる米粉で作られた麺をヌクマムベースのスープにつけて食べる日本で言う「つけ麺」のようなものです。スープが甘酸っぱいので最初は少し驚くかもしれませんが、とっても美味しいんです♪中には炭火で焼いた香ばしい香りが食欲を誘う豚肉が入っていて、そこに麺と香草をつけていただきます。下の画像がブンチャーです。

 

今日、私が連れて行っていただいたお店は、会社から車で30分ほどの旧市街の中にあるお店でした!雑貨屋さんに挟まれたとても狭い路地一本全てがお店のようでした。咳も厨房も全て外!一見ではお店には見えない作りなので観光客よりも地元の方が多い印象です!路地を入ると女性たちが忙しそうに調理をしています。

 

特有の低いテーブルと低いイスに座ると生野菜の盛り合わせが出てきます(もはや定番で驚かない)そして、待つこと数分。美味しそうな香りと一緒にブンチャーが運ばれてきました!そのままブンチャーだけを食べても満足できますが、皮がパリパリの揚げ春巻きをスープに浸けて食べるとさらに美味しく頂くことができます♪ ブンチャーを注文された際はぜひ揚げ春巻きも一緒に注文してみてください!!

 

 

店名:Bún Ch Hàng Qut

住所:74 Hàng Quạt, Hàng Gai, Hoàn Kiếm, Hà Nội, Vietnam

 



Binh Duong省のDong An 2工業団地、Nam Tan Uyen工業団地を訪問

Binh Duong省のDong An 2工業団地、Nam Tan Uyen工業団地を訪問

ベトナムはコロナ自粛ムードも収まりを見せ、以前同様の経済活動がほぼほぼ出来るようになってきています。そんな中日系企業も採用活動を再開し始めているということで今日は日系製造業が集まるBinh Duong省へ。

ベトナムのサッカー熱

ベトナムのサッカー熱

ベトナムのサッカー熱

緑に囲まれたローカルカフェ

緑に囲まれたローカルカフェ

ここ最近、Binh Duong方面へ足を運ぶ機会が多いのですが、
その際に立ち寄った、緑に囲まれたローカルカフェをご紹介します!

南部日本人が多く住むアパート

南部日本人が多く住むアパート

日系企業の進出が増えると共に増加する日本人数。公式数字では出ていませんが、今やホーチミンには2万人以上の人が日本人が住んでいると言われています。勿論そこに住む日本人として気になるのが居住環境。その大事な部分を占めるアパートにつきまして日本人に人気のあるところをいくつかご紹介したいと思います。大体のアパートは1区、2区、Binh Thanh区、7区に集中していてエリア毎にいくつかピックアップして参ります。

 

ミドル・シニア層 ~ベトナム転職~


ミドル層・シニア層の活躍の舞台はベトナムにも数多く見受けられます。
特に現地を代表するポジションは、やりがいもありますし待遇面も期待できるためおすすめです。こういったポジションの選考では海外でのマネジメント経験が高く評価されます。
専門性を磨きながらも、経営管理、人材育成といった点にも積極的に介入し経験を積んでおくと良いですね。工場長や拠点長などは、頻繁に募集されるポジションではありませんので、
日頃からアンテナを張っておくとお声が掛かりやすいです。



Food Delivery

Food Delivery

4月1日から始まった事実上のベトナム国内ロックダウン。15日間の期間で絶賛実施中です。外出の自粛要請も日本以上に厳しい中、街中を元気に動き回っているのがFood Deliveryのバイク達。コロナショックで逆に業界的に盛り上がりを見せており、各社宅配区域の拡充、お店の選択肢を増やす、プロモーション機能の充実化などでベトナム人ユーザーの心を掴んでいます。勿論ベトナムで働く我々日本人も日頃お世話になっています。