ホーチミンから5時間 ムイネー観光

Mar 09, 2020, posted in ベトナム生活お助け情報
ホーチミンから5時間 ムイネー観光

こんにちは!
ホーチミン市でインターンシップをしている大学生のMizukiです。
今回週末を使い一泊二日でムイネーに行ってきました。そこで、ムイネーへの行き方と観光についてご紹介します!

 

 

ムイネー観光

ムイネーはホーチミンの北東に位置し、バスで5時間の地にあります。鉄道、空路がないの

で、移動手段はバスのみです。バスは地元のツアー会社で予約することができます。ムイネーはあまり日本人に知られていない場所ですが、ベトナムにいながらアメリカやオーストラリアにいるような、自然を楽しめるリゾートです。港町としても知られています。ムイネーでは海はもちろん、ベトナムで唯一砂丘に行くこともできます。欧米の方に人気なようで、2日間通して日本人は同じバスに乗っていた若い目の男性と中年夫婦しか見かけませんでした。

 

今回私はメコン川クルーズの時にお世話になったシンツーリストでバス・ホテル・ツアーのパッケージを一人6,000円ほどで予約しました。朝7:00にホーチミンを出発し、12:00にムイネーに到着しました。バスは寝台タイプになっていて、日本では見たことがない寝転がれる椅子で快適でした。靴はバスに乗る前に脱ぎ、ビニール袋に入れてもらえます。

 

 

ムイネーに到着したらツアーの時間までに昼食を取りました。ムイネーではプライベートジープツアーで観光することができます。4:30にホテルに迎えにくるサンライズツアーと13:30にホテルに迎えにくるサンセットツアーがあり、今回私はサンセットツアーに参加しました。このジープツアーはムイネーのツアーデスクでも予約可能でした。さて、風に吹かれながらジープツアー開始です!

 

 

まず初めに着いたのは妖精の渓流と言われるフェアリーストリームでした。ここでは小川を裸足で歩きます。入場料として5,000VND25円程度)払いました。見た目は泥水でしたが、水は透明度が高くサラサラの赤土の上を歩くので気持ちが良かったです。

 

 

ここでは滝やレッドキャニオンを見ることができたそうなのですが、勘違いして逆方向に歩いてしまい、ビーチにたどり着いてしまいました。

 

 

間違えたことに若干落ち込みながらも、誰も泳いでおらずまさにガイドブックで見るような浜辺に感動してしまいました。フェアリーストリームの入り口に戻ったら洗い場で足を洗うことができました。再びジープに乗り込み移動します。

 

続いて行ったのはヒュイントゥックカン通りでした。大量の漁船の風景を見ることができます。ここでは大きな桶のようなボートに乗らないかと勧誘されましたが、ジープの運転手に写真撮るだけと言われたので10分景色を見てジープに戻りました。

 

 

次に向かったのは待ちに待ったホワイトサンドデューン。少し遠めでしたが、道がまるでアメリカやオーストラリアのような風景で移動も楽しめます。ジープは風を直に受けて目が乾くのでサングラスと髪の長い女性は髪の毛を束ねると良いでしょう。

 

 

ホワイトサンドデューンに到着すると、ジープかバギーに乗るか聞かれます。乗らない場合は徒歩という選択肢があるようです。私は2人だったのでバギーに乗りました。300,000VND(1400円程度)で、チケット代わりの紙を渡されます。紙を見せてバギーに乗るとスマホをしまう間もなく出発してしまったため片手が塞がっていて振り落とされそうだったので、荷物はしっかり閉まってから乗ったほうがいいです。そして、まるでジェットコースターのようなスピードで爆走するのでサングラスとマスクを着用したほうが砂が顔に降りかからないです。

 

まずは頂上で一度下ろされます。頂上は暴風で砂が足に当たり痛かったですが、圧巻の景色が見れます。ですがとにかく風が強かったのでサングラスが外せません。

 

 

頂上の次は湖に行きます。バギーの運転手にチケット代わりの紙を見せると連れて行ってくれます。湖までは急降下したりするので、スリル満点でした。

 

 

何度も景色に圧倒されてしまいます。ここはあまり風もなくサングラスを外せたので砂丘を肉眼で楽しめました。

 

 

再び湖に迎えにくるバギーに乗り最初の乗り場に帰ったら、ジープに乗って今度はレッドサンドデューンに向かいます。途中フォトタイムも取ってくれ、ジープのボンネットに乗って写真を撮らせてもらえます。

 

レッドサンドデューンはイエローサンドデューンと呼ばれることもあるそうですが、砂は赤かったです。

 

 

サンセットツアーなので夕日も見れます。サンライズツアーでは最初にここで日の出が見れるそうです。

 

 

レッドサンドデューンを楽しんだらツアー終了。ジープでホテルまで送ってくれます。

 

ホテルに戻ってからはプールや海を満喫して過ごしました。翌日は13:00にバスが出発し、渋滞があったため19:00にホーチミンに到着しました。

 

感想

ムイネーは私自身もベトナムに来るまで知らなかったのですが、日本では経験できない大自然を楽しめるのでぜひおすすめしたいです。プライベートジープツアーはとにかくアクティブに動けるので退屈な時間がなく満足度がかなり高かったです。またホーチミンからは一泊二日で十分満喫できるので、土日を使って観光できます。注意点としては、砂丘で目や口に砂が入るので、サングラスとマスクを使用したほうがいいです。特にバギーではサングラス、マスクは必須です。

 

今回はバスからホテルまですべてついているパッケージツアーで行きましたが、バスのみだと約100,000VND460円程度)、プライベートジープツアーは799,000VND3700円程度)です。自分で好きなホテルを予約して自己プロデュース旅行をするのも良いと思います。

 

週末を使って是非ムイネーに行ってみてください!

キーワードタグ : 


ハノイのオススメ ~ブンチャー~

ハノイのオススメ ~ブンチャー~

ハノイのオススメ ~ブンチャー~

ベトナムの定番料理ブンチャー

ベトナムの定番料理ブンチャー

ベトナムの定番料理ブンチャー

Food Delivery

Food Delivery

4月1日から始まった事実上のベトナム国内ロックダウン。15日間の期間で絶賛実施中です。外出の自粛要請も日本以上に厳しい中、街中を元気に動き回っているのがFood Deliveryのバイク達。コロナショックで逆に業界的に盛り上がりを見せており、各社宅配区域の拡充、お店の選択肢を増やす、プロモーション機能の充実化などでベトナム人ユーザーの心を掴んでいます。勿論ベトナムで働く我々日本人も日頃お世話になっています。

ベトナムはハノイからニュースをお届けします。

ベトナムはハノイからニュースをお届けします。

四季のあるハノイでは、本格的な夏を迎えています。
今年のハノイは例年と比べても、とにかく暑い!

北部・南部の特徴

北部・南部の特徴

〜 ベトナムの地域ごとの違い 〜

ベトナムでのインターンの生活も今週から折り返し

ベトナムでのインターンの生活も今週から折り返し

こんにちは。
ハノイでインターンをしている大学2年生のNANAです。