>> >> >> WFHとプロティアンキャリア 第2話

WFHとプロティアンキャリア 第2話

Aug 13, 2021, posted in キャリア関連
WFHとプロティアンキャリア 第2話


WFHとプロティアンキャリア 第2話

こんにちは!ハノイの奥平です。

前回のおさらい
プロティアンキャリア=キャリアは個人を主体に形成され、環境変化に変幻自在に対応していく
~~
プロティアンキャリアの形成において意識すべきことは、従来大切にされてきた職務保証ではなく「エンプロイアビリティ(雇用され得る能力)」です。ともすると目の前の仕事にとらわれ視野が狭くなったり、知りたい情報ばかりを追いがちです。わたし自身、在宅ワークともなると自身のテリトリーの中で仕事や情報収集が完結してしまう傾向にあります。

ですが変化の激しい現代においては、広い視野で世の中の動きをとらえ、その動きの中で自分はどこに興味を持ち、何をしていきたいと考え(どんな専門性を身につけたいと考え)、そのためにどんな経験を積んだらいいのかを都度キャッチアップすることが大切です。

さらに、価値観や行動の軸が従来のキャリアでは『組織から自分は尊敬されているか=(他者からの尊敬)』を重視していたのに対し、プロティアンキャリアを形成するうえでは『自分を尊敬できるか(=自尊心)』といった心理的成功が重視されると言われています。

在宅ワークですと、集中力やモチベーションを維持するのがなかなか難しい時も多いのではないでしょうか。ですが、そうこうしている間にも転職市場は変化をしていきます。在宅であれ出社であれ高いパフォーマンスをあげられる能力、すなわちどんな状況下にあっても主体的に経験を積み学びを得てアウトプットするサイクルがまわせているかが一層注目されるようになるでしょう。

プロティアンキャリア形成の第1歩として、一日の振り返りに下記を自身に問いかけてみましょう。
●新しい情報をインプットできたか
●会社・環境が変わっても活躍できると言える経験を積めたか
●どんな専門性を吸収し発揮したか
●今日の自分は尊敬できる自分であったか

専門性についてですが、わたしの場合ですと、日本人の海外就職における転職市場動向や、キャリア心理学をベースとした転職相談といった専門性がこのベトナムの地で培われているかなと思います。

最後に好きな名言を。 It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change.-Charles Darwin(ダーウィン)/生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。 (英国の自然科学者、『種の起源/On the Origin of Species』著者 / 1809~1882)

ダグラス・ホールとダーウィンから、コロナ過をサバイバルするためのポイントを教えてもらっているように感じますね。

それではまた。

参考:新版 キャリアの心理学【第2版】―キャリア支援への発達的アプローチ

キーワードタグ : 
ご相談はこちらから 

他の記事を見る


【2022年】年末恒例行事 10分で完了キャリアの棚卸と来年の展望

【2022年】年末恒例行事 10分で完了キャリアの棚卸と来年の展望

この記事では1年間の締めくくりに欠かせない仕事の振り返りと来年の目標の立て方を紹介しています。


【2023年】みんなどこで買ってる?!お仕事服調査 in Vietnam

【2023年】みんなどこで買ってる?!お仕事服調査 in Vietnam


この記事では、ベトナムでのお仕事服の主な調達先を紹介しています。おススメのベトナムローカルアパレルブランドも登場しますよ。


【2022年最新】日本へのスムーズな入国~事前手続きなど解説

【2022年最新】日本へのスムーズな入国~事前手続きなど解説


こんにちは、ハノイオフィスのHiroです。

私ごとですが、10月末から日本へ一時帰国しております。本日は、日本入国の準備や空港の状況等をお伝えしていきます。



【2023年版】キャリアの不安を払拭

【2023年版】キャリアの不安を払拭


~変化に強いキャリア自律の第一歩/キャリア・アンカーの確認~
この記事では環境の変化に対応できるキャリア自律・キャリアデザインの実践方法を紹介しています。

R VIETNAM スタッフブログ

WFHとプロティアンキャリア 第2話

Aug 13, 2021, posted in キャリア関連
WFHとプロティアンキャリア 第2話


WFHとプロティアンキャリア 第2話

こんにちは!ハノイの奥平です。

前回のおさらい
プロティアンキャリア=キャリアは個人を主体に形成され、環境変化に変幻自在に対応していく
~~
プロティアンキャリアの形成において意識すべきことは、従来大切にされてきた職務保証ではなく「エンプロイアビリティ(雇用され得る能力)」です。ともすると目の前の仕事にとらわれ視野が狭くなったり、知りたい情報ばかりを追いがちです。わたし自身、在宅ワークともなると自身のテリトリーの中で仕事や情報収集が完結してしまう傾向にあります。

ですが変化の激しい現代においては、広い視野で世の中の動きをとらえ、その動きの中で自分はどこに興味を持ち、何をしていきたいと考え(どんな専門性を身につけたいと考え)、そのためにどんな経験を積んだらいいのかを都度キャッチアップすることが大切です。

さらに、価値観や行動の軸が従来のキャリアでは『組織から自分は尊敬されているか=(他者からの尊敬)』を重視していたのに対し、プロティアンキャリアを形成するうえでは『自分を尊敬できるか(=自尊心)』といった心理的成功が重視されると言われています。

在宅ワークですと、集中力やモチベーションを維持するのがなかなか難しい時も多いのではないでしょうか。ですが、そうこうしている間にも転職市場は変化をしていきます。在宅であれ出社であれ高いパフォーマンスをあげられる能力、すなわちどんな状況下にあっても主体的に経験を積み学びを得てアウトプットするサイクルがまわせているかが一層注目されるようになるでしょう。

プロティアンキャリア形成の第1歩として、一日の振り返りに下記を自身に問いかけてみましょう。
●新しい情報をインプットできたか
●会社・環境が変わっても活躍できると言える経験を積めたか
●どんな専門性を吸収し発揮したか
●今日の自分は尊敬できる自分であったか

専門性についてですが、わたしの場合ですと、日本人の海外就職における転職市場動向や、キャリア心理学をベースとした転職相談といった専門性がこのベトナムの地で培われているかなと思います。

最後に好きな名言を。 It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change.-Charles Darwin(ダーウィン)/生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。 (英国の自然科学者、『種の起源/On the Origin of Species』著者 / 1809~1882)

ダグラス・ホールとダーウィンから、コロナ過をサバイバルするためのポイントを教えてもらっているように感じますね。

それではまた。

参考:新版 キャリアの心理学【第2版】―キャリア支援への発達的アプローチ

キーワードタグ : 
ご相談はこちらから 

他の記事を見る


【2022年】年末恒例行事 10分で完了キャリアの棚卸と来年の展望

【2022年】年末恒例行事 10分で完了キャリアの棚卸と来年の展望

この記事では1年間の締めくくりに欠かせない仕事の振り返りと来年の目標の立て方を紹介しています。


【2023年】みんなどこで買ってる?!お仕事服調査 in Vietnam

【2023年】みんなどこで買ってる?!お仕事服調査 in Vietnam


この記事では、ベトナムでのお仕事服の主な調達先を紹介しています。おススメのベトナムローカルアパレルブランドも登場しますよ。


【2022年最新】日本へのスムーズな入国~事前手続きなど解説

【2022年最新】日本へのスムーズな入国~事前手続きなど解説


こんにちは、ハノイオフィスのHiroです。

私ごとですが、10月末から日本へ一時帰国しております。本日は、日本入国の準備や空港の状況等をお伝えしていきます。



【2023年版】キャリアの不安を払拭

【2023年版】キャリアの不安を払拭


~変化に強いキャリア自律の第一歩/キャリア・アンカーの確認~
この記事では環境の変化に対応できるキャリア自律・キャリアデザインの実践方法を紹介しています。